世界のお母さんが、あなたを必要としています。

国連人口基金東京事務所が2009年6月22日より実施していた「お母さんの命を守るキャンペーン」が2010年7月11日「世界人口デー」をもって終了しました。この一年皆さまからは、温かいご支援ご協力を賜り、心より御礼申し上げます。今後は「お母さんの命を守る」活動として、さまざまなパートナーと活動展開していきます。

キャンペーン中には3万6,666人の方々にサポーターとして登録していただきました。近日中に、より多くの政府開発援助(ODA)がお母さんの命を守る活動に向けられるよう、サポーターとして登録いただいたすべての皆さまのお名前をサポーターリストとしてまとめ、日本政府に届ける予定です。

また、キャンペーンに寄せられた寄付金は10,719,847円(2015年4月現在)となりました。いただいたご寄付は、国連人口基金の「妊産婦の健康を守る基金」に入れられ、
妊産婦死亡率が特に高いサハラ以南のアフリカや南アジア地域の国々を対象に、助産師などの専門家の育成や、緊急産科ケアに必要な薬品、機材などの物資の提供など、各国のニーズに基づいた事業の実施に充てられています。


これで約一年に渡って実施してきたキャンペーンは終了となりますが、国連人口基金の「お母さんの命を守る」活動は終わりません。サポーター登録した際にメールマガジンの配信を希望された方、Twitterフォロワーの方で今後配信を希望する方に対しては、継続的に国連人口基金東京事務所のイベント案内や活動報告について、情報提供を行っていきます。

また様々な形で皆さまにご支援をお願いすることもあるかと存じますが、1人でも多くのお母さんの命が守られるよう引き続きご支援をよろしくお願い申し上げます。

最後に改めて皆さまの温かい励ましに感謝申し上げます。
ありがとうございました。

PDF 「お母さんの命を守るキャンペーン」報告書

私たちも応援しています!(敬省略)

有森 裕子

有森 裕子

高畑 淳子

高畑 淳子

武田 鉄矢

武田 鉄矢

坂東 眞理子

坂東 眞理子

みのもんた

みのもんた

茂木 健一郎

茂木 健一郎


ほかにも、多くの方々がサポーターとしてキャンペーンを応援してくださっています。

応援メッセージ

「お母さんの命を守るキャンペーン」は、多くのパートナーに支えられています。

パートナー・協力団体

『お母さんの命を守るキャンペーン』は、2010年7月11日をもって終了いたしました。たくさんのご協力をありがとうございました。