ODAクォータリー第12号(2005年12月)

「世界人口白書 2005」発行-MDGs実現に向けて

10月12日、UNFPAは『世界人口白書 2005』を発表しました。今年の白書のテーマは、「平等の約束-ジェンダーの公正、リプロダクティブ・ヘルスそしてミレニアム開発目標」です。2000年に貧困からの開放と平等を実現するための国際合意として、ミレニアム開発目標(MDGs)が設定されてから、今年で5年が経過しました。白書ではこの節目の年に、MDGsを国際社会がどの程度達成してきたかを検証しています。 独立した章として「男児や男性と手を組んで」を設け、ジェンダーの平等を達成するために男女間のパートナーシップが重要であることを、事例と共に報告しています。また、平等推進に向けた法的・社会的な取組みによって、市民生活の向上に成果が出たカンボジアの事例などを紹介しています。 UNFPAは、MDGsの達成に向けて今後も努力してまいります。『世界人口白書』の全文および要約、UNFPAの支援活動については、UNFPA東京事務所ホームページ(http://www.unfpa.or.jp)よりご覧頂けます。

このページのTOP

Last updated: 2010-08-18