世界人口白書 2009

世界人口白書 2009 気候変動と女性
(Facing a Changing World: Women, Population and Climate)

世界人口白書 2009(1)

「世界人口白書 2009」は、「気候変動と女性」をテーマに2009年11月18日に世界同時発表されました。

気候変動は、海面上昇や干ばつ、異常降雨などを引き起こし、人々の生命を脅かすだけでなく、富裕層と貧困層の格差を拡げ、男女間の不平等を拡大させます。 それは、女性の多くが開発途上国で農業労働力の大半を占め、現金収入を得る機会も男性に比べてはるかに限られる傾向にあるからです。 さらに家族の世話や、家計を管理する役割を持つ女性の移動はしばしば制限され、気候変動が原因で起こる自然災害の被害者になりがちです。

本書では、「気候変動枠組条約第15回締約国会議(COP15)」を前に、気候変動が女性や女児など社会的に弱い立場に置かれている人々に与える影響について解説しています。

「世界人口白書 2009」に関するプレスリリースはこちら


※お知らせ
「世界人口白書 2009」の日本語版は、すでに在庫切れとなっております。ご覧になりたい方は、下記リンクからダウンロードするか、お近くの国連寄託図書館や、各自治体の男女共同参画センターなどにお問い合わせください。

ダウンロード

世界人口白書 2009 要約 (日本語版)

世界人口白書 2009(日本語版)

「世界人口白書 2009(日本語版)」は、概要と指標をまとめた要約版です。1章から6章まで(11~72ページ)は、英語版をご覧下さい。

日本語版補足資料

世界人口白書 2009(英語版)

「世界人口白書 2009」の英語版は、国連人口基金本部ホームページからダウンロードすることができます。

このページのTOP