「妊産婦の健康を守る基金」2010年活動報告

はじめに

2009年から2010年のおよそ1年間にわたり、国連人口基金東京事務所は「お母さんの命を守るキャンペーン」を実施し、2010年末の時点で、合計3万6,666名のサポーター登録と、キャンペーン終了後の寄付を含む831万4,734円のご寄付をいただきました。寄付金は「妊産婦の健康を守る基金」の一部として、医療体制が整っていない国の安全な妊娠および出産を助ける活動に役立てられました。皆さんの温かいご支援、本当にありがとうございます。

妊産婦の健康を守る基金

「妊産婦の健康を守る基金」は、2008年に国連人口基金が、ミレニアム開発目標5(妊産婦の健康の改善)を達成するために設立した基金で、国連人口基金の活動の中でも、特に妊産婦と新生児の命と健康を守る活動に資金を充てています。

「妊産婦の健康を守る基金」は、
  ・各国の保健計画の策定および実施を支援し、各国の自発的な開発を促す
  ・各国の運営力を高め、持続可能な活動を支援する
という二点を原則としており、各国の医療制度の問題点の調査・分析を支援しています。また、これに基づく政策策定を促し、各国が安全な妊娠・出産を支援する体制を整え、それを運営していけるよう働きかけています。

主に、以下の4つの分野において経済的・技術的支援を行っています。
  (1) 家族計画の普及
  (2) 専門技能者の立会いによる出産の普及
  (3) 緊急産科ケア・新生児ケアの普及
  (4) フィスチュラ(産科ろう孔)の撲滅

「妊産婦の健康を守る基金」による活動は、国連機関や各国政府、NGOなどの市民社会と連携して行われています。2015年までにミレニアム開発目標5(妊産婦の健康の改善)の達成が特に危ぶまれている国を支援しており、2010年はサハラ以南アフリカ、アジア、ラテンアメリカおよび中東の30カ国を中心に支援しました。また、この30カ国を含む42カ国において「フィスチュラ撲滅キャンペーン」を実施しました。
運営費に関しては、2010年は、約2,700万米ドルの活動予算から、約2,100万米ドルが支出されました。残金は2011年の活動に充てられます。

これからの活動

ミレニアム開発目標5の「2015年までに妊産婦の死亡率を1990年の水準の4分の1に削減する」という具体的目標を達成させるためには、妊産婦死亡率の年間削減率を、現状の2.3%(1990年~2008年)から5.5%に引き上げなくてはなりません。また、「 医師・助産師の立会いによる出産の割合を90%に引き上げる」というもう一つの具体的目標を達成させるためには、助産師不足が深刻な38カ国において、11万2,000人の助産師が新たに必要であるといわれています。「妊産婦の健康を守る基金」では、引き続き4つの主な活動分野において、必要な医療物資や資金の確保に努めていきます。また、2013年までに60カ国に支援を拡大する予定です。

「妊産婦の健康を守る基金」の詳しい活動については、「Annual Report 2010: Maternal Health Thematic Fund」をご覧ください。

国連人口基金東京事務所では、皆さまからの寄付を受け付けています。いただいたご寄付は、この「妊産婦の健康を守る基金」に組み込まれ、妊産婦と新生児の命と健康を守る活動に充てられます。ご協力いただける方は、寄付のページをご覧ください。

このページのTOP