活動カレンダー2012年10月

10月31日 J-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」に出演

所長の佐崎淳子がJ-WAVE「TOKYO MORNING RADIO」に出演しました。別所哲也さんが番組のパーソナリティを務め、佐崎が、国連人口基金が援助している国の一つであるアフガニスタンの実情と、日本支援(約11億円)で実施しているアフガニスタンにおける国連人口基金の人口社会経済調査について説明をしました。

10月30日 桜美林大学講義

所長の佐崎が、桜美林大学で「女性のエンパワーメント」をテーマに講義をしました。約70名の学生と教授の方々が出席したこの講義では世界の人口問題と女性のエンパワーメント(女性の能力強化を通じた社会的地位の向上)の重要性について説明しました。質疑応答の時間では、参加した学生や教授の方々からの有意義な質問が飛び交い、密度の濃い講義となりました。

活動カレンダー2012年10月(17)

講義中の所長                   講義教室の様子


10月24日 アフガニスタン大使館での会合

所長の佐崎がアフガニスタン大使館での会合に出席しました。会合にはサイード・ムハンマド・アミーン・ファティミアフガニスタン大使、三井辨雄厚生労働省大臣もご出席し、公共福祉に関して意見を交わしました。保健の重要性と、国連人口基金の活動にも理解を示してくださりました。

活動カレンダー2012年10月(19)

会合での様子


10月23日 ユニセフ国際協力講座

ユニセフハウスにて行われた国際協力講座の第4回講座で、所長の佐崎が「世界の人口問題、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの推進」をテーマに講義を行いました。約50名の開発に興味を持つ定期受講者の方々が参加したこの講演では、人口問題やリプロダクティブ・ヘルス/ライツ、ミレニアム開発目標について、国連人口基金の具体的な活動内容を交えて説明しました。

30分にわたる質疑応答では、国連人口基金の具体的な活動内容や、開発における企業の貢献の可能性など、具体的な内容を問う質問がされ、参加者の方々の積極的な姿勢と深い興味がうかがえました。

活動カレンダー2012年10月(16)

会場の様子                     講義中の所長


10月22日 東京大学秋山教授とのミーティング

所長の佐崎が東京大学高齢社会総合研究機構秋山弘子特任教授と会い、日本の高齢化に関する現状と、開発途上国の高齢化の問題に対して日本がどのようにリーダーシップをとれるのかについてお話されました。また、高齢者を労働市場に組み込む可能性について触れ、企業をどのように誘致できるか議論しました。

活動カレンダー2012年10月(18)

左より所長、秋山弘子教授


10月20日 早稲田大学講義

早稲田大学で所長の佐崎が約200名の学生に向けて「21世紀世界における戦争と平和:人口問題、女性、平和」 をテーマに講義を行いまし た。講義では、国連人口基金の活動内容と人口問題、紛争地域における女性の現状(ジェンダーに基づく暴力等)を紹介し、国連安全保障理事会決議1325“女性、紛争、平和、開発”に関する具体的な活動事例とデータを交えて紹介しました。質疑応答の時間では有意義な質問が飛び交い、密度の濃い講義となりました。

活動カレンダー2012年10月(15)

早稲田大学の大隈記念講堂         講義中の様子                   講義中の所長 


このページのTOP

10月3日 JICA小寺清理事 表敬訪問

国際協力機構(JICA)小寺清理事にUNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインが表敬訪問し、家族計画サミットやカイロ会議20周年を迎える国際人口開発会議(カイロ会議)2014年を超えて、TICADV(第5回アフリカ開発会議)、アフリカの開発、人間の安全保障、家族計画、について、様々な意見交換をしました。

活動カレンダー2012年10月(23)

JICAにて


10月3日 在日アフリカ大使朝食会

ホテル ニューオータニにて行われた在日アフリカ大使との朝食会に、UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインが出席しました。ミレニアム開発目標を念頭にアフリカ開発について協議し、母子保健、家族計画、社会的開発の重要性を確認しました。

活動カレンダー2012年10月(24)

朝食会の様子                                             会場の様子


10月2日 Hellosmile試写会 

TOYKO FMホールにて子宮頸がん予防啓発プロジェクトHellosmile実行委員会主催による、映画「新しい靴を買わなくちゃ」の特別試写会が行われました。

来日中のUNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインもこの試写会のトークショーに参加しました。Hellosmile実行副委員長の小巻亜矢さんが司会を務めた同トークショーには、厚生労働省の岡田就将がん対策推進官に続き、事務局長が子宮頸がんの予防の重要性についてお話しました。

また、Hellosmileキャラクター「ハローキティ」とのフォトセッションの際には、若い女性を中心とする約300名で埋まった会場が沸きました。

活動カレンダー2012年10月(8)

左より 岡田就将がん対策推進官、UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメイン、ハローキティ、小巻亜矢さん


活動カレンダー2012年10月(10)

会場の様子                     試写会の様子


10月2日 ラウンドテーブル・セミナー「世界の人口高齢化:日本・中国・韓国の役割」にUNFPA事務局長バトゥンデ・オショティメインが参加

国立社会保障・人口問題研究所、国連人口基金、ジョイセフ共催のラウンドテーブル・セミナー「世界の人口高齢化」が行われました。前日に行われたシンポジウム「21世紀の高齢化社会にどう挑むのか」に出席した日中韓の研究者をはじめ、UNFPA、ヘルプエイジ・インターナショナルの他、人口分野の専門家が集まり、アジアおよび世界における高齢化の現状と今後の対策について話し合いました。

10月2日 人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議(APDA)

朝食会の後、事務局長は人口と開発に関するアジア国会議員代表者会議(APDA)に参加し、20周年を迎える国際人口開発会議に関する活動(ICPD beyond 2014)についてスピーチをしました。

会議には福田康夫衆議院議員、小宮山洋子衆議院議員、鹿野道彦衆議院議員、玄葉光一郎外務省大臣、郡司彰農林水産省大臣、IPPF会長のナオミ・セボニ氏もご出席し、人口と開発に関する議題と国会議員活動の重要性などについて議論しました。

活動カレンダー2012年10月(21)

UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメイン(左)      会場の様子                
福田康夫衆議院議員(中央)、
鹿野道彦衆議院議員(右)


10月2日 国際人口問題議員懇談会(JPFP)朝食会

UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインが衆議院第一議員会館にて行われた国際人口問題議員懇談会(JPFP)の朝食会に参加しました。朝食会では、世界的に進む高齢化に対する日本の役割と、国際人口開発会議(カイロ会議)2014年を超えて、ポストMDGs、家族計画に関する意見交換をしました。

活動カレンダー2012年10月(22)

朝食会の様子


10月1日 外務副大臣主催レセプション

午後に開催されたシンポジウムに続き、国連大学ビル レセプションホールで山根外務副大臣主催のレセプションが行われました。山根副大臣のご挨拶に続き、UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインがレセプションの御礼を申し上げ、外務省の石井正文地球規模課題審議官の乾杯で始まったレセプションは、ご出席の方々が歓談し、終始和やかな会となりました。

活動カレンダー2012年10月(6)

石井正文地球規模課題審議官                UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメイン(左)
                                                     逢沢一郎衆議院議員(中央)
                                                     ナオミ・セボニ氏 IPPF会長(右)


このページのTOP

10月1日 記念シンポジウム【21世紀の高齢化社会にどう挑むのか】

国連大学ビル3階 ウ・タント国際会議場で、「21世紀の高齢化:祝福すべき成果と直面する課題」と題する報告書の発表を記念したシンポジウム【21世紀の高齢化社会にどう挑むのか】を開催しました。

小宮山洋子前厚生労働大臣のご挨拶で始まった公開シンポジウムは、まず、地球規模で高齢化が進む世界に向けて、UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインが報告書「21世紀の高齢化:祝福すべき成果と直面する課題」を発表しました。

その後のパネルディスカッションでは、パネリストとして同報告書の共同制作者であるヘルプエイジ・インターナショナルCEOのリチャード・ブレウィット氏、日本大学人口研究所所長の小川直宏教授、中国人民大学老年学研究所所長のドゥ・パン教授、ソウル大学校のリー・スンウク教授、コメンテーターにNPO法人高齢社会をよくする女性の会理事長の樋口恵子氏、国立社会保障・人口問題研究所国際関係部部長の林玲子氏にご出席して頂き、所長の佐崎淳子がモデレーターを務めました。

高齢化に関する現状と課題、高齢者が社会にもたらす貢献の可能性などを議論し、最後は、山根隆治外務副大臣の閉会のご挨拶で締めくくられました。

活動カレンダー2012年10月(5)

小宮山洋子前厚生労働大臣            UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメイン


活動カレンダー2012年10月(11)

リチャード・ブレウィット氏             小川直宏教授


活動カレンダー2012年10月(12)

ドゥ・パン教授                    リー・スンウク教授


活動カレンダー2012年10月(13)

林玲子氏(左)、樋口恵子氏(右)        山根隆治外務副大臣


活動カレンダー2012年10月(14)

パネルディスカッションの様子          会場の様子


このページのTOP

10月1日 報告書「21世紀の高齢化:祝福すべき成果と直面する課題」を世界に向けて発表

日本プレスセンターにて日本記者クラブ主催の記者会見と、有楽町電気ビルにて日本外国特派員協会主催の記者会見が行われました。UNFPA事務局長ババトゥンデ・オショティメインが「21世紀の高齢化:祝福すべき成果と直面する課題」と題する報告書について発表し、現在世界が直面している高齢化に関する現状について述べました。また、同報告書の共同制作者であるヘルプエイジ・インターナショナルCEOのリチャード・ブレウィット氏も報告書に掲載された1300人の高齢者の声について言及しました。記者会見は席がほぼ埋まるほど多くの記者の方々に集まっていただき、終了予定時刻を過ぎても質疑応答が飛び交う記者会見となりました。

活動カレンダー2012年10月(4)

日本記者クラブにて


活動カレンダー2012年10月(9)

日本外国特派員協会にて


このページのTOP

Last updated: 2012-09-11