活動カレンダー2013年4月

4月23日 長崎大学講義

長崎大学熱帯医学研究所等の大学院生を対象に、所長の佐崎が「人口問題およびリプロダクティブ・ヘルス」について英語での講義を行いました。国連人口基金の役割を紹介した後、世界の人口問題、ミレニアム開発目標、リプロダクティブ・ヘルス/ライツ、これら分野における国際社会の取り組み、国連人口基金の活動事例等について説明をしました。学生は日本人と外国人(マリ、ベナン、ベトナム、アフガニスタン等)で、講義後には有意義な質問交換が行われ、議論が深まる場となりました。

4月9日 「Hellosmile Live 2013 spring」開催

「子宮頸がんを予防する日」の4月9日(火)に、赤坂BLITZにてHellosmile実行委員会とTOKYO FMの主催で、「Hellosmile Live 2013 spring」が開催されました。
「Hellosmile Live」とは、子宮頸がん予防のグローバルプロジェクト「Hellosmile」に賛同するアーティストが出演し、若い世代の女性に子宮頸がんの予防啓発を呼びかけるイベントです。
7回目となった今回のHellosmile Liveには土屋アンナさんが出演し、応援キャラクターのキティちゃんも応援に駆けつけ、抽選で選ばれた500組、1,000名と共に会場が盛り上がりました。
イベント冒頭では、厚生労働省がん対策推進官の岡田就将さんとHellosmile実行委員会副委員長の小巻亜矢さんが、子宮頸がんの現状とその予防について説明して下さいました。また、ライブ後のトークでは、土屋アンナさんが子宮頸がん予防のための検診の大切さを訴え、来場者の皆さんに「自分のためだけではなくて、大切な人のために検診に行って欲しい」と呼びかけました。
さらにイベント終了後には、土屋アンナさんやキティちゃんが会場ロビーで募金活動を行いました。この募金と、ライブ会場で販売されたハロースマイルロゴ入りオリジナルグッズの収益の一部は、子宮頸がん予防啓発活動と、日本対がん協会子宮頸がん基金および国連人口基金に寄付されることになっています。

関連記事はこちら
TOKYO FM Hellosmile(子宮頸がん予防啓発プロジェクト)
国連人口基金 子宮頸がん予防のグローバルプロジェクト「Hellosmile」に参加

活動カレンダー2013年4月(1)

左:厚生労働省がん対策推進官の岡田就将さんとHellosmile実行委員会副委員長の小巻亜矢さん
中:土屋アンナさんのパフォーマンス
右:募金を呼び掛ける土屋アンナさんとキティちゃん 


このページのTOP

Last updated: 2013-04-11