日本からの支援

日本政府は、1970年から国連人口基金への支援を始めました。各国からの拠出金を主な財源として支援活動を運営している国連人口基金にとって、日本は主要な資金拠出国の一つです。

・一般拠出金

一般拠出金とは、国連人口基金の通常の活動(年次計画に沿って実施されるプログラム)や運営管理費の主な財源となるもので、2015年には総額3億9819万ドルが各国の政府から拠出されました。このうち、日本は約1,808万ドルを拠出し、世界第9位の一般拠出金貢献国となっています。

日本から国連人口基金への一般拠出
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
日本
(千米ドル)
第8位
25,439
第8位
25,439
第8位
24,910
第8位
24,910
第9位
23,815
第9位
18,088
第1位 オランダ スウェーデン スウェーデン ノルウェー スウェーデン スウェーデン
第2位 スウェーデン オランダ ノルウェー スウェーデン ノルウェー ノルウェー
第3位 ノルウェー ノルウェー オランダ オランダ フィンランド オランダ
第4位 米国 フィンランド デンマーク フィンランド オランダ デンマーク
第5位 デンマーク デンマーク フィンランド デンマーク デンマーク フィンランド
第6位 フィンランド 米国 英国 英国 英国 米国
第7位 英国 英国 米国 米国 米国 英国
第8位 日本 日本 日本 日本 ドイツ ドイツ
第9位 スペイン ドイツ ドイツ ドイツ 日本 日本
第10位 ドイツ カナダ カナダ スイス スイス スイス
(出典:国連人口基金年次報告書 2010-2015)

このページのTOP

・指定拠出金

指定拠出金とは、拠出国が活動目的や活動地域などを指定して国連人口基金に拠出するもので、国連人口基金はその指定に従った活動を行います。紛争や自然災害などに対応する緊急性の高い支援活動なども、この指定拠出金というシステムを活用して行われます。

日本から国連人口基金への指定拠出:
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
日本
(千米ドル)
第12位
2,500
第11位
5,500
第5位
12,517

1,707
第7位
11,357
第6位
15,500
第1位 英国 英国 英国 英国 オランダ 英国
第2位 オランダ EU オランダ スウェーデン 英国 カナダ
第3位 スペイン オランダ カナダ ノルウェー ノルウェー 米国
第4位 スウェーデン オーストラリア スウェーデン 欧州委員会 米国 スウェーデン
第5位 欧州委員会 デンマーク 日本 カナダ 欧州委員会 欧州委員会
第6位 ノルウェー スウェーデン ドイツ スイス シエラレオネ 日本
第7位 オーストラリア フランス ルクセンブルグ オランダ 日本 デンマーク
第8位 米国国際開発庁 ルクセンブルグ デンマーク ビル&メリンダ・
ゲイツ財団
オーストラリア ニジェール
第9位 ルクセンブルグ ノルウェー ノルウェー 米国 フランス ノーブル・
エナジー社
第10位 コロンビア コロンビア フランス オーストラリア デンマーク マリ
(出典:国連人口基金内部資料、国連人口基金年次報告書 2010-2015)

近年、日本の指定拠出金によって支援を受けた活動として、ここではインド洋大津波(2005年)、パキスタン大地震(2005年)、シエラレオネ(2007年度)と、パキスタン洪水被害(2010年)、アフガニスタン(2012年)、ネパール(2015年)での活動がありました。

2010年7月、1800万人以上が被災したパキスタンにおける洪水被害では、日本政府から50万ドルの緊急無償資金協力による支援がありました。北西部パンジャブ州及び南部シンド州に妊産婦の死亡・疾病を削減するための出産キット、衛生キット、新生児キット等が計2万個以上配布された他、16棟の産科及び、緊急産科医療が行える新生児ケアの施設が整備されました。

2012年には、30年以上も人口統計が行われていなかったアフガニスタンに対し、日本政府は国連人口基金を通じて、中部のゴア州およびダイクンディ州における社会人口・経済統計調査のため8億8800万円の支援をしています。


2015年「ネパールにおける地震被害に対する緊急無償資金協力」(100万米ドル) 詳しくはこちらをご覧ください。

日本からの支援(12)

2016年5月2日:ネパール訪問時に、日本からの支援で設置した移動式リプロダクティブ・ヘルスキャンプを視察した、
ヤン・エリアソン国連副事務総長(初代緊急援助調整官)


2017年「タジキスタン 国家家族計画事業強化計画」(2億円) 詳しくはこちらをご覧ください。

2017年3月、国連人口基金南スーダン事務所長フンディラは、在南スーダン日本大使館の紀谷昌彦大使と共に、ジュバにある文民保護サイトを訪れました。詳しくはこちらをご覧ください。

日本からの支援(13)

@UNFPA Arlene Arlano


補正予算

国連人口基金は日本政府の平成28年度(2016年)補正予算から、以下9件のプロジェクトに対し、多額の支援をいただきました。国連人口基金は日本政府からの支援を心から感謝しております。

1.シリア:女性のエンパワーメント及び生計維持手段の改善を通じた危機の影響下にある脆弱な家庭のレジリエンス強化
2.イラク:イラクにおける国内避難民及びシリア難民の女性に対する妊産婦医療と性暴力に関する統合的対応サービスの提供
3.ヨルダン:ヨルダン北東部ルワイシッド病院での国境緩衝地帯から流入するシリア難民,亡命希望者及びホスト・コミュニティに対する緊急産科,リプロダクティブ・ヘルス・サービスの提供
4.パレスチナ:女性の健康のためのリプロダクティブ・ヘルスと乳がんの緊急必要物資援助
5.ソマリア:ソマリアにおける帰還民、隔離されたコミュニティでの妊婦及び新生児の死亡率・関連する疾病率低下のための保健システム構築支援
6.トルコ:トルコ国内のシリア人若年者向けのリプロダクティブ・ヘルスの情報へのアクセス拡大
7.コンゴ(民):難民・国内避難民・ホストコミュニティの住民間の性と性差に基づく暴力(SGBV)の予防および対策支援、質の高い性と生殖に関する健康サービスのアクセス改善
8.南スーダン:南スーダンにおける性的暴力への対応を含む性と生殖に関する保健サービス強化
9.エチオピア:エルニーニョによる干魃被害を受けたティグライ州、アムハラ州、南部諸民族州及びオロミア州におけるリプロダクティブ・ヘルス・ニーズ及びジェンダーに基づく暴力への取組み

人間の安全保障基金

詳しくはこちらをご覧ください。

このページのTOP

・日本から国連人口基金への拠出総額

2010年から2015年における一般拠出金と指定拠出金を合わせた日本政府からの支援総額は以下の通りです。

日本から国連人口基金への拠出総額
  2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
日本
(千米ドル)
第8位
27,939
第9位
30,938
第6位
37,427
第11位
26,617
第8位
35,173
第9位
33,588
第1位 オランダ 英国 英国 英国 オランダ 英国
第2位 英国 オランダ オランダ スウェーデン 英国 スウェーデン
第3位 スウェーデン スウェーデン スウェーデン ノルウェー スウェーデン 米国
第4位 ノルウェー ノルウェー ノルウェー オランダ ノルウェー カナダ
第5位 米国 デンマーク デンマーク フィンランド フィンランド ノルウェー
(出典:国連人口基金年次報告書 2010-2015)

このページのTOP