個人のみなさまへ

世界の人口問題について知ろう!

世界の人口問題に関する情報を集める

<メールで国連人口基金東京事務所から情報を受け取る>
国連人口基金東京事務所では、ニュースやイベントに関するメール配信を行っております。
メール配信を希望される方は、tokyo.office(アットマーク)unfpa.or.jp 宛てに
(アットマーク)を@に入れ替えて、メールをお送りください。

<インターネットで情報を集める>
    ・国連人口基金(UNFPA)のホームページ
         国連人口基金(UNFPA)東京事務所(日本語)
         国連人口基金(UNFPA)本部(英語)
    ・国連人口基金パンフレット
         日本語版 国連人口基金パンフレット
         「エンパワーメントで持続可能な未来へ。」
         「国連人口基金-日本とのパートナーシップ」
         「お母さんの命を守る」
         朝日小学生新聞「UNFPA発 世界の声が聞こえますか?」
         東京新聞「放射線」

<本や資料を読む>
    「有森裕子と読む 人口問題ガイドブック~知っておきたい世界のこと、からだのこと~
      有森裕子(国連人口基金親善大使)、国連人口基金(UNFPA)東京事務所 編著
    「世界人口白書
      (当ホームページよりダウンロードが可能です)
    ※国連人口基金東京事務所の関連出版物のページや、本部が発行する資料(英語)もご覧ください。

<動画を観る>
海外では、カリフォルニア州Art Center College of Designの大学生のご協力により、世界のお母さんの現状に関する動画が制作されました。これらの動画は、国連人口基金東京事務所のYouTubeチャンネルで紹介されています。
また、国連人口基金本部ホームページで様々な動画を見ることができます。

みんなに広めよう!

ブログやホームページで紹介する

皆さんのブログやホームページで国連人口基金の活動を紹介してみませんか。リンクを貼る際には事前にこちらまでお知らせください。

ソーシャルメディアで伝える

Facebook(フェイスブック)、Twitter(ツイッター)等、あなたがよく利用するソーシャルメディアを使って、国連人口基金の活動を紹介してみませんか。

展示会を企画する

学園祭や企業、自治体、市民団体などのイベント/セミナーで、展示会を企画してみませんか?

国連人口基金東京事務所では、人口問題や国連人口基金の活動を紹介するパネルやバナー等の展示物を無料で貸出ししています(送料は実費をご負担いただきます)。 国連人口基金の活動や、世界のお母さんの現状について紹介できるよう、マニュアルも一緒にお送りします。

ご興味のある方は、展示物貸出しのご案内をご覧いただき、申し込みフォームに必要事項を記入の上、 FAX(03-5467-8556)またはメールにてお送り下さい。

一緒に活動しよう!

ボランティア活動をする

国連人口基金東京事務所のボランティア募集に関しては、採用情報のページをご覧ください。

インターンシップをする

国連人口基金東京事務所のインターン募集に関しては、採用情報のページをご覧ください。

このページのTOP

寄付をしよう!

国連人口基金への活動を応援して下さる方は本部ウェブサイトからオンラインで寄付ができます。

ご協力いただける方は寄付のページ(英語)をご覧ください。


災害などへの緊急支援 ・25ドル(約2700円)で6カ月分の基礎衛生用品を女性に提供できます。
・90ドル(約9600円)で病院に行けない妊産婦40人に清潔な出産キットを提供できます。
フィスチュラ撲滅のための支援 ・10ドル(約1100円)で2週間分の食事をフィスチュラ患者に提供できます。
・60ドル(約6400円)で帝王切開によって出産を安全に行えます。
安全な出産 ・55ドル(約5900円)でHIVの母子感染を予防することができます。
・100ドル(約10700円)で妊娠間隔を開けるための注射型避妊薬を20人の女性に提供できます。 
妊産婦の健康 ・50ドル(約5300円)で10人の妊産婦が産前ケアを受けられます。
・100ドル(約10700円)で農村部の医療施設で緊急産科ケア用の薬品や医療機器を提供できます。
FGM/C(女性性器切除)根絶 ・20ドル(約2100円)で村で行われるFGM/C根絶のための集会で使う教材を提供できます。
・100ドル(約10700円)でFGM/C根絶のための訓練を受けた指導者を雇うことができます。

(1ドル106.4円換算 / 2016年6月現在)