過去のキャンペーン

国連人口基金東京事務所が実施した「お母さんの命を守る」キャンペーン(2009-2010)及び「70億人の世界×70億人のアクション」キャンペーン(2011)は終了いたしました。皆さまからは、温かいご支援ご協力を賜り、心より御礼申し上げます。

「お母さんの命を守る」キャンペーン

過去のキャンペーン(1)

国連を中心に国際社会がまとめた8つの「ミレニアム開発目標(MDGs)」の中で、最も進捗が遅れているのが、目標5「妊産婦の健康の改善」です。今も世界では、妊娠や出産が原因で毎日1,000人以上のお母さんが命を落としています。また、たとえ死に至らなくても、たくさんのお母さんが感染症やフィスチュラ(産科ろう孔)などの疾病に苦しんでいます。お母さんの命を守ることは、その子どもや家族が健全な生活を送るためにも、ひいては家族全員の生活の質の向上にとっても重要なことです。国連人口基金東京事務所では、このような世界のお母さんが置かれている現状について1人でも多くの人に知ってもらい、行動を起こすきっかけとなるよう、さまざまなパートナーと協働し、「お母さんの命を守る」キャンペーンを行いました。「妊産婦の健康」について、詳しくはこちらをご覧ください。

キャンペーンの詳細はこちら

キャンペーンのプレスリリースはこちら

<キャンペーン後も継続する国連人口基金東京事務所「お母さんの命を守る」活動>

  • より幅広い層への持続的なアプローチが可能となるよう、企業との連携を強化しています。国内的には、「お母さんの命を守る」ことの大切さや、妊娠・出産の問題、男性の育児参加などについての意識を喚起し、国際的には、開発途上国における「妊産婦の健康」を守る活動に貢献できるような仕組みを構築します。
  • さまざまなアーティストが「お母さんの命を守る」メッセージソングを制作してくださり、音楽を通じた啓発活動を行っています。これらの曲のダウンロード配信による収益の一部は、「お母さんの命を守る」活動に寄付されます。
  • 政策決定者である国会議員の方々の理解を得られるよう、お母さんの命をテーマにした勉強会や途上国視察などを実施しています。
  • 世界のお母さんの命を守るために何かしたい!自分に何ができるだろう?と思った方は「あなたにできること」をご覧ください。


「70億人の世界×70億人のアクション」キャンペーン

70億人×70億人のアクションキャンペーン

2011年10月31日、世界人口は70億人に到達しました。

国連人口基金は、ニューヨーク本部を中心に世界中で様々なパートナーと提携し、この「70億人の日」に向けて、世界各地で様々なイベントや企画を行いました。それを受けて東京事務所は、日本国内で「70億人の世界×70億人のアクション」キャンペーンを実施しました。

このキャンペーンでは、「70億人の世界」に生きるすべての女性、男性、そして子どもが健康な生活を送り、平等な機会を享受できる世界を実現するために、自分ができることを考え、アクションを起こすことを呼びかけました。

東京事務所が実施したキャンペーンの詳細はこちら
本部のキャンペーンの詳細はこちら(英語)