第5回アフリカ開発会議(TICAD V)

第5回アフリカ開発会議(TICAD V)について

第5回アフリカ開発会議(TICAD V)(1)

TICADとは、Tokyo International Conference on African Development(アフリカ開発会議)の略であり、アフリカの開発をテーマとする国際会議です。1993年以降、日本政府が主導し、国連、国連開発計画(UNDP)及び世界銀行等と共同で開催しています。
5回目となる今回のアフリカ開発会議(TICAD V)は、2013年6月1日~3日横浜で開催されました。
詳しくはTICAD公式ホームページをご覧ください。

国連人口基金東京事務所は、このTICAD Vと会議のテーマでもあるアフリカ諸国についてご紹介していきます。


『妊産婦の健康に対する投資の効果:「家族計画2020」と「アフリカの妊産婦死亡削減加速化キャンペーン(CARMMA)」』シンポジウム開催

6月1日~3日、パシフィコ横浜にて第5回東京アフリカ開発会議が開催され、その公式サイドイベントとして、シンポジウム【妊産婦の健康に対する投資の効果:「家族計画2020」と「アフリカの妊産婦死亡削減加速化キャンペーン(CARMMA)」】が、6月1日(土)パシフィコ横浜アネックス・ホールA会場で開かれました。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
●タイトル: 『妊産婦の健康に対する投資の効果:「家族計画2020」と「アフリカの妊産婦死亡削減加速化キャンペーン
             (CARMMA)」』

●日 時: 2013年6月1日(土)12:30-14:00
●会 場: パシフィコ横浜アネックス・ホール 会場A
           横浜市西区みなとみらい1-1-1
●共 催: 外務省、アフリカ連合委員会(AUC)、国連人口基金(UNFPA)、公益財団法アジア人口・開発協会(APDA)、
           国際家族計画連盟(IPPF)、公益財団法人ジョイセフ(JOICFP)

※日英同時通訳あり、軽食あり
                                                                         ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
●プログラム (敬称略)

<開会挨拶>               福田 康夫                               元内閣総理大臣、TICAD IV議長、
                                                                                       アジア人口・開発協会理事長

<基調講演>               エレン・ジョンソン・サーリーフ     リベリア大統領(ノーベル平和賞受賞者)
                                       ジョイス・ヒルダ・バンダ              マラウイ大統領

<モデレーター挨拶>       ババトゥンデ・オショティメイン      国連人口基金事務局長
<パネルディスカッション>
パネリスト                    テドロス・アダノム                    エチオピア外務大臣
                                       テウォドロス・メレッセ                国際家族計画連盟(IPPF) 事務局長

<Q&A、ジェネラルディスカッション>
<閉会挨拶>                阿部 俊子                              外務大臣政務官

司会:   冨永 愛  ジョイセフ・アンバサダー
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
●主旨
妊産婦・新生児・幼児の健康の改善を目指すミレニアム開発目標(MDGs)の達成をさらに促進させるために、2009年5月にアフリカ諸国の首脳らを中心に「アフリカの妊産婦死亡削減加速化キャンペーン(CARMMA)」が立ち上げられ、現在は37諸国が国連人口基金の支援を受けてCARMMAに取り組んでいます。このキャンペーンによりハイレベルな政治的公約や各国政府の自主的な取り組みが促され、妊産婦・新生児・幼児の健康はアフリカにおける重要な課題であることが周知されるようになりました。

家族計画については、2012年にロンドンで開催された家族計画サミットを契機に、さらに重視されるようになりました。家族計画2020は、2020年までに1億2千万人の女性のニーズを満たす計画を立てています。ロンドンサミットで、日本政府は家族計画をTICADⅤの重要議題の一つであり、また貧困削減や人間の安全保障を支える、ポストMDGs2015の重要な柱の一つになると発表しました。

今回のシンポジウムでは、長期的・継続的にアフリカの開発に資するためにも、女性のリプロダクティブ・ニーズに対応することが喫緊の課題とされ、アフリカ諸国および開発パートナーが、経済的にも重要な効果をもたらす女性の健康に対する投資に関して、具体的な方策について議論が交わされました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

第5回アフリカ開発会議の開催に合わせ、国連人口基金展示ブース出展

国連人口基金では、第5回アフリカ開発会議の開催に合わせ、5月31日~6月3日の4日間パシフィコ横浜の会議センター1階にて、展示ブースを出展しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

TICAD V関連ニュース

6月1日 「Run for AFRICA 2013~たすきをつないで世界記録に挑戦!~」

3月19日~ 「なんとかしなきゃ!プロジェクト」 フォトジャーナリスト渋谷敦志氏 アフリカ現地からFacebookに投稿

3月16~17日 第5回アフリカ開発会議(TICAD V)閣僚級準備会合に出席