世界人口デー2016

1987年7月11日、世界人口が50億人に達したのを機に、毎年7月11日は「世界人口デー」と定められました。
その後、人口は増え続け、2016年現在、74億人です。
持続可能な開発目標を達成するためには、10代の女性に対する支援が鍵となります。
国連人口基金は10代の女性のエンパワーメントのために、彼女たちの人権を守り、
性と生殖に関するヘルスケアを含む様々な情報・サービスが享受できるように取り組んでいます。



2016年のテーマ

10代の女性への投資

世界では、数多くの若い女性が危機にさらされています。充分な教育を受けられない、結婚を強要される、望まない妊娠、出産を経験する。10代の女性の人権が守られていない状況は、特に開発途上国において深刻です。

10代の女性が、自分の人生における決断を本人ができるような環境が整うと、彼女たちの可能性は広がり、家庭、コミュニティ、そして国全体をより良い方向へ導いていく力となります。

国連人口基金は10代の女性のエンパワーメントのために、彼女たちの人権を守り、性と生殖に関するヘルスケアを含む様々な情報・サービスが享受できるように推進する各国の取り組みを支援しています。

世界人口デーに寄せて

世界中で、10代の女性が同年代の男性よりも困難な状況に置かれている現実があります。いまだに多くの国では児童婚が後を絶たず、学校をやめることを余儀なくされている10代の女性がたくさんいます。

もし彼女たちが、自らの人生において自由に意思決定を行うことができれば、彼女達の能力は最大限に発揮され、家庭、コミュニティー、そして国全体をも変革することができるのです。

Message 1: 世界中の10代の女性は同年代の男性よりも、より多くの、そして困難な問題に直面しています。詳しくはこちら

Message 2: 多くの国では、思春期に差し掛かった女子たちは強制的に結婚させられたり、学校を辞めさせられたりします。詳しくはこちら

Message 3: 少女たちの可能性に投資することは正しいだけではなく、賢明なことです。詳しくはこちら

Message 4: 73億人中18億人の人々が、10-24歳の若者です。詳しくはこちら

国連事務総長、国連人口基金事務局長からのメッセージ

● 国連事務総長からのメッセージ

  英語 | 日本語

● 国連人口基金事務局長からのメッセージ

  英語 | 日本語


babtunde quote

開発途上国における10代の女性の現状

Fact 1: 開発途上国では、毎日800人もの女性が妊娠と出産の際に亡くなっています。詳しくはこちら

Fact 2: 開発途上国で、赤ちゃんを産んでいる15歳から19歳の女性の数は、1日に2万人。詳しくはこちら

Fact 3: 15歳までに強要された性交渉の経験があった世界の女性の割合は、10%。詳しくはこちら

Fact 4: 世界の低中所得国に住んでいる少女の三人に一人は、18歳になる前に結婚させられます。詳しくはこちら

Fact 5: 現在、女性性器切除を経験した少女や女性は2億人以上います。詳しくはこちら

UNFPA活動実績例

Fact 1: 1,120万人の10代の女性が、性と生殖に関する保健サービスや情報を利用できるようになりました。詳しくはこちら

Fact 2: 持続可能な開発、性と生殖に関する健康と権利の推進、女性のエンパワーメントなどの活動を行っています。詳しくはこちら

Fact 3: ナイジェリアではボコハラムから救出された275人の女性と少女が、心理的・医学的ケアを受けました。詳しくはこちら

Fact 4: 15歳から24歳までの若者の多くは、差別や貧困に苦しみ、自らの能力を最大限に発揮できていません。詳しくはこちら

Fact 5: 国連人口基金のセーフガード若者プログラムを通して、170万人の若者が包括的な性教育を受けました。詳しくはこちら

日本政府・企業・団体からの支援

Case 1: ソマリア
日本政府は妊産婦・新生児の死亡率を削減するため、ソマリアの保健システムを支援しています。詳しくはこちら

Case 2: イエメン
日本政府は、女性と少女をジェンダーに基づく暴力から守り、彼女たちの尊厳を保つための活動を支援しました。詳しくはこちら

Case 3: イラク
日本政府は難民の為のリプロダクティブ・ヘルス・サービスを充実させるためのプロジェクトに協力しています。詳しくはこちら

Case 4: モロッコ
Hellosmileプロジェクトからの寄付金をもとに、国連人口基金は子宮頸がんの早期発見プログラムを行いました。詳しくはこちら

Case 5: ネパール
ネパールの地震の被災者、特に妊産婦を含む脆弱な女性たちを支援するため、日本政府は資金援助を行いました。詳しくはこちら



世界人口デーについて、こちらもぜひご覧ください。

本部ウェブサイト東京事務所本部東京事務所本部東京事務所本部


あなたにできること

世界人口デーにむけて、開発途上国に住む10代の女性が抱える問題、国連人口基金の活動について紹介してきました。
若くして結婚を強要される女性、教育を受けられない少女たち、出産で命を落とす大勢の女性を、国連人口基金は支援しています。
皆様からの寄付は、そのような国連人口基金の活動の支えになります。ご協力いただける方は寄付のページ(英語)をご覧ください。